グラスチューブラー(中空)ブランクの利点

0

    Blue water house Original Concept Rod第二弾!
    オリジナルコンセプトを詰め込んだボートからのLBF(ライブベイトフィッシング)専用ロッドを設計するにあたり、このカテゴリーのロッドで一般的に流通しているグラスソリッドブランクにせず、なぜグラスチューブラー(中空)ブランクを採用したのか?その理由はソリッドブランクに比べ2つの大きな利点があったからです。
    長文になりますが前回掲載記事の続きを解説しております♪

    <グラスチューブラー(中空)ブランクの利点>
    まず1つめの利点としてブランクそのものを形成する繊維自体がカーボン繊維、グラス繊維問わず、同じ弾性率(いわゆるトン数)で同じ太さの繊維を使用するという条件において同じ硬さ、同じアクション(調子)のロッドを設計した場合、物理的にチューブラーブランクの方が軽量に仕上げる事が可能な利点がある。現在開発中のLBFロッドは魚のアタリを取る部分からファイトに至るまでを終始手持ちのスタンディングゲームを前提にしています。ヘビーロッドであれども必要強度を損なわずにブランク自重を僅かでも軽量化するというコンセプトに拘った結果、必然的にグラスチューブラー(中空)ブランクを選択したのです。

    次に2つめの理由としてソリッドブランクの場合、ブランクそのものを削ることでアクション(調子)出しされているのに対し、チューブラーブランクは繊維シートの面積とマンドレル(鉄芯)のテーパーをコントロールすることでアクションを形成することができると言う利点がある。これがどのようなメリットとして発展するかというと、ロッドのティップからベリー部中央にかけては魚の食い込みを良くする為に、しなやかで柔らかい従来のグラス繊維シートをメインとしているが、魚とのファイト時に役割を果たすベリー部後方からバットセクションには高強度、高弾性の特殊なグラス繊維シートをコンポジットした特性の異なる複数のグラス繊維シートをふんだんに使用したブランクス設計が可能となるのである。今回このメリットを存分に生かし、少ないグラス繊維シートの面積で強靭なパワーと高弾性シート特有のバット部の張りと強度を兼ね備えた理想的なブランクスを作り出すこと繋がったのである。またバットパワーを形成する補強用の高弾性グラス繊維シートを複雑な形でブランクにコンバートしており、高負荷時には強烈なバットパワーを持たせつつも、負荷に応じた非常に滑らかなベンドカーブを実現。このように異なった弾性率のグラス繊維シートを自由自在にコンポジットできることがチューブラーブランクにおける最大の利点であり、我々がオリジナルコンセプトとして採用した一番の理由なのです。

    ただここで大事なのはソリッドブランクが性能的に劣ると言うわけではなく、チューブラーブランクよりも柔らかく調整可能な点とブランク自体の潰れ破壊強度を高くすることができるという利点があります。そういったソリッドブランクの利点をチューブラーブランクスにどう取り入れていくのかが難題だった訳ですが、ブランクス設計及び製作エンジニア達と幾度となく密に話合い、試作ブランクを製作しては試行錯誤を繰り返し、ようやく我々の納得のいく妥協の無いブランクが完成に至ったのであります。

     

    ちなみにこの最終型の試作ロッドは店頭で展示しております。ご来店時は是非ロッドを手に取っていただき、オリジナルコンセプトでもあるチューブラーブランクスの利点を生かした"ロッド自重"、"パワー(強度)、アクション(調子)をお確かめ下さい。販売価格はまだ確定では有りませんが5万円台(税込)を予定しております。ご期待下さい!


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:34 最後に更新した日:2018/08/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM