BWH511SHS改良モデル

0

    Blue water house Original Concept Rod第二弾!
    昨年より開発中のボートからのLBF(ライブベイトフィッシング)専用ロッドの改良モデルが仕上がってきました。

    前回製作したモデルをベースに更に完成度の向上を目的に下記2点を新たに改良しました。

    1.バットパワーの向上
    2.ロッドホルダー(LARK等の竿受け)のアタッチメント装着用のアルミパーツの追加

    まずバット部のパワーアップ化ですが前回試作モデルをベースに悪戯にパワーを上げるのではなく、"一般的な体格のアングラーでも使いこなす事が可能なパワーアップ"を図りました。実際に垂直リフトでダンベル10kg、13kgをリフトアップしてみましたが、前回試作モデル以上に楽にリフトしホールドする事が可能に!これには一番の驚きでした。

    またベントカーブも一点に負荷が集中するのではなくグラスチューブラーの利点でもある"負荷に応じた曲がり"を実現。

    意図していたバット部のモアパワーを手に入れたのと同時に楽にリフト、ホールドできる"絶妙なバランス"を兼ね備えたブランクスが遂に完成しました。またロッドホルダー用のアルミパーツを装着した事によりデザインの向上もさることながら表面の細かい凹凸状の綾目ローレット加工によりロッドホルダーアタッチメントも滑ることなく確実に固定する事ができます。

    今回の改良は私の小さな拘りに妥協せずにお付き合い頂いたブランクス設計及びブランクス製作エンジニア様のお力添えのお陰です。今春発売に向け更に細かい点を煮詰めていく予定です♪

    今回オフショアのビッグゲームに特化したLBF専用ブランクを設計するにあたり、このカテゴリーのロッドで一般的に流通しているグラスソリッドブランクにせず、なぜグラスチューブラー(中空)ブランクを採用したのか?お客様よりお問い合わせを頂戴していました。その理由としてはソリッドブランクに比べ2つの大きな利点があったからです。次回はその利点を今一度解説したいと思います。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:34 最後に更新した日:2018/08/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM